Write

書くためのテーマ
Writeは文章を書く人のためのミニマルなWordPressテーマです。装飾を極限まで省いたデザインは、あなたの文章を主役にします。
write-ja-pc
  • Released
    28 Apr 2015
  • Updated
    24 Sep 2016
  • Version
    1.1.2 (Changelog)
  • Requirements
    WordPress 4.1+
  • Browser Support
    IE8+, Firefox, Chrome, Opera, Safari
write-ja-mobile

文字の美しさを再発見する

Writeは余白やタイポグラフィーに徹底的にこだわって作られたWordPressテーマです。最小限に抑えられた装飾は、文字の美しさを最大限に引き出しています。

すぐに書けるように

Writeはテーマを有効にした瞬間からその美しさを発揮します。テーマを使い始めるまでに何ページものカスタマイズページと格闘する必要はありません。また、簡単には見た目が崩れないよう堅固に設計されています。

有料テーマ並の柔軟性

Writeは有料テーマ並のカスタマイズ性も備えています。Writeは5つのウィジェット・3つのメニューを備えており、カスタムヘッダー・カスタム背景にも対応しています。さらにカスタマイザーからはフォント・色・レイアウト・タイトル・ロゴなどの設定もできます。

レスポンシブデザイン

Writeはモバイルファーストのレスポンシブデザインで作られており、スマートフォンやタブレットからでも快適に閲覧することができます。

カスタマイザ―対応

Writeはカスタマイザーに対応しており、フォント・色・レイアウト・タイトル・ロゴの設定などができます。

5ウィジェット

Writeは4フッターに対応しています。更に投稿の後にもウィジェットエリアを備えています。

3メニュー

Writeはメインナビゲーション・フッター・フッターソーシャルリンクの3つのメニューに対応しています。それぞれのメニューは使用することも使用しないこともできます。

カスタムヘッダー/背景

Writeはカスタムヘッダーに対応しており、画像をトップページに表示することができます。またカスタム背景にも対応しており、背景を自由に変更することができます。

サポートプラグイン

Writeは多機能プラグイン「Jetpack(無限スクロール・追加ウィジェット)」および、お問い合わせフォームプラグイン「Contact Form 7」をサポートしています。

多言語化対応

Writeは多言語化に対応しています。現在翻訳されている言語は英語と日本語です。日本語についてはCSSによってタイポグラフィーの調整も行われています。

クリーンコード

Writeはコードからカスタマイズしたい人たちのことも考え、WordPressの標準に則りながら簡潔で可読性の高いコードで作られています。

サービス

私たちは有料テーマを次のサービスで提供します。

1回払いのみ

ThemehausのWordPressテーマにかかる費用は購入時の費用のみです。アップデートやサポートはこれに含まれており、その他の費用は一切かかりません。

GPLライセンス

ThemehausのWordPressテーマのライセンスはGPLです。個人・商用に関わらず、またサイト数の制限無く使用することができます。

基本的なサポート

ThemehausのWordPressテーマはその基本的な使用に対してサポートが付いています。テーマのカスタマイズやプラグインによる問題についてはサポートしていません。